良い住宅ローンの選び方は?

マイホームを購入する多くの人が、購入資金の調達に住宅ローンを利用しています。日本には数百種類の住宅ローン商品があり、初めての住宅購入ではどれが良いのか迷ってしまいます。

住宅ローンはどのように選べば良いのか、ポイントを絞ってご案内しましょう。

住宅ローンの種類とは?

・借入先の種類で選ぶ
住宅ローンの借入先として、民間の金融機関からの民間融資、公的融資、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携したフラット35の3種類があります。
民間の金融機関では銀行のほかにJAなどの業界団体、生命保険会社なども住宅ローンに参入しています。

・金利タイプ・返済期間・返済方法で選ぶ
住宅ローンの金利タイプには市場に応じて金利が変わる「変動型」、返済期間中はずっと同じ金利が適用される「全期間固定型(長期固定金利)」、一定期間のみ金利が固定される「固定期間選択型」があります。
変動型は民間金融機関の住宅ローンで代表的に取り扱われる金利タイプで、固定金利に比べて金利が低いことが魅力です。
ただし、金利が上がると月々の負担や総返済額が増えてしまうリスクがあります。
固定型の金利は返済額が一定で長期の返済計画が立てやすいメリットがあります。

・付加サービスで選ぶ
民間の住宅ローンではそれぞれ特徴のある付加サービスを提供しています。関連会社での買い物が割引、女性に特化したサービス、無料の疾病保証など多種多様なので、自分に合ったサービスがあればそれを利用するのも手です。
不動産業者提携の金融機関を利用すれば、金利が優遇されるケースもあります。

20代の住宅ローン組み方の例

・20代の強みは、返済期間がたっぷりあること
住宅ローンの返済期間は最長35年、25歳から返済を初めると完済は60歳、定年の年齢です。もしこれが35歳から返済を始めると完済は70歳、45歳なら80歳までローンを返済し続ける計算になります。
たいていの方は、定年後の年金生活でローンを返済するような返済計画は立てません。35年という期間のメリットを最大限に生かすなら、20代のうちに住宅ローンの返済を開始したいですね。
頭金がない、年収が低いなどの理由でマイホーム購入を躊躇する20代ですが、「長期返済が可能」というメリットを見逃してはいけません。

・20代のうちに繰り上げ返済をしよう!
20代の若い夫婦におすすめしたいのは、35年返済で元利均等返済・長期固定金利を選ぶプランです。
返済期間が長くなればなるほど月々の返済負担額が減り、元利均等返済・長期固定金利なら返済額が変動しません。
少ない負担でコツコツ返して行けるので、長期の返済計画が立てやすいためです。
ただしこのプランでは総返済額が増えてしまうため、損をしてしまうと考える人もいるでしょう。
長期固定金利も、将来あまり金利が上がらなければ十分なメリットを受けられません。

そこで、20代のうちは共働きでたっぷり繰り上げ返済を行う方法をとります。
繰り上げ返済で元金が減ればそれにかかる利息も減るので、総支払額はどんどん減っていきます。その後子どもが生まれて教育費の負担が増えたり、働き方が変わって収入が減ったら、月々の返済のみに切り替えることが可能です。
10~20年で完済の目途がつけられるならば、10年固定、20年固定など固定期間選択型の金利を選ぶのも良いでしょう。

まとめ

住宅ローンには、金利のつき方や元本の返済方法、返済期間によってさまざまな種類にわかれます。
金融機関によっては、融資以外にお得なサービスが提供されることもあります。
それぞれのメリット・デメリットを把握して、ご自身の将来の予定と返済計画にマッチした住宅ローンを選びましょう。

ページトップ